So-net無料ブログ作成
検索選択

退院から1週間

退院から一週間たったMILK姐さん
この半年が嘘のように
以前のMILK姐さんに 戻りました





13歳になったから
もう シニアだから 寝てる時間も多くなったし
なんとなく 動きもスローになったし
悪戯も とっても減って
ソファーでも一人で のんびり座りたいのかな~ってくらい 寄り添ってこなかったし
一緒に寝ても 布団にも来なかったし
ほんと、シニアって こんなに違うんだな~なんて思っていましたが
やっぱり
おなかに 腫瘍を抱えていたからなんだ・・って





今は
びっくりするほど
以前のMILK姐さんに 戻っています





ソファーに座れば くっついてくるし
一緒に寝れば 今まで通り 乗っかってきます
靴下タオル洗濯場から盗む 悪戯もするし
なんだろ~
こんなことが 違うとか~
はっきりは 言えないのですが
一番は 動きが キレがあるというか~
軽やか??というか
とにかく
元気が 戻っています






なにしろ
一番は 食事ですね
一時間かけても 食べきれなかった いつものフードが
今は 以前の 瞬食!
です!!
いつも
食事の準備中は キッチンで待機のMILK姐さんだったのですが
キッチンにも来ないくなっていたけれど
今じゃ
image.jpg
ちゃんと
待機!





手術を受けて 良かった!!って、ほんと、思いました
うけるにあたって、悩みました
きっと、 良性だろうと思っていたし
13歳でとっても心配しました





でも、
頑張ってくれたので
今のMILK姐さんが 目の前にいて
笑わせてくれてます





もっと、早く手術をしていたら
具合の悪い日々を 過ごさなくてすんだのでは・・
どうしても 思ってしまい
先生に 聞いてみました





結果が 上手くいったから そう考えてしまうだけで、
違えば そう思うことはなかったでしょう・・と
だから
あの時は 判断はできなかった
だから、
いまで 正解だったんですよって、
なるほど!!
正解でした
よし!
次は これからの事だ!!
すべて万事うまくいっている!!
きっと、次も 上手くいく!
MILK姐さん もしもの時も乗り切ってくれると思います





まずは
寝息の聞こえる リビング
ずっとずっと
続きますように
廊下が毛だらけだって 
靴下が かじられたって
ソファーを 独占されたって
ちっともかまわない
最近
MILK姐さんに 甘いわたしです



そんな自由満喫のMILK姐さん
エリマキ犬が 終わりました
首回り すっきり
image.jpg
こんなところに はまることだってできます





カラーが取れた 記念に
ツーショット!!
自撮り、してみました
image.jpg
私と一緒の写真って
少ないから たまにはいいですよね

退院…手術しました

秋晴れの横浜
MILK姐さんは 無事退院しました
image.jpg




爆弾をかかえ、ずっと体調が悪かったMILK姐さん
今月11日に
腫瘍を摘出する手術を受け今日退院しました
今まで 何度か手術をうけ
脾臓を摘出した事もありましたが
病理組織検査の結果は ずっと良性。
今回も
そうであろうと思っていましたが
残念な事に
今回は 悪性でした
病名としては
「肝細胞癌」です
腫瘍が見つかってから半年、
腫瘍のサイズはほとんどかわらず
悪い物ではないのでは??と言われていたので
まさか‥という思いで 
先生の説明も右から左へ流れてしまい
気が付いた時には
涙がこぼれていました





ちょうど、手術から一週間で面会ができる日でした
集中治療室で点滴をうけていたMILK姐さん
私たちに気が付き
しっぽを ふってくれました
ケージから出てきたMILK姐さん
少し香しかったです
なんと、
「ママ~」てっ、いいながら
しゃがんだ私の両肩に両手をついたんですよ~
はい!!
ママって はっきり 言ってました  笑
私には そう聞こえました





そして
image.jpg
エリマキ犬のMILK姐さん
ガシッ・・・カラーが ガンガンあたりました(--)
痛っ・・





先生のお話だと
ずっと、悪かった
血液検査の結果もよくなり
(手術前の血液検査の結果
炎症がある時にあがる数値が測りきれないほど振り切っていて
貧血、白血球の増加) 
心配していた 輸血もしなくて済むとの事
なによりは
食欲が戻っていること
この一か月
ご飯を食べるのに一時間くらいかかり
image.jpg
完食できず




image.jpg
遊ばせながら食べさせたり
体重も 7キロ台になって





それが
退院した今日
体重は 9キロ弱
二週間で 1キロ増!!
嬉しいような 悲しいような・・
MILK姐さん犬生最大値となってます





今回
4センチくらいになった腫瘍が肝臓にくっついていたので
肝臓の一部も腫瘍と一緒に切り取りました
肝臓は沈黙の臓器と言われるほど
症状が出ないらしく
わんこでも
症状がわかった時には 手術もできないことが多いということで
MILK姐さんはとてもラッキーだったと・・
手術前に 麻酔をかけ
CT検査を受けましたが
その時には 他に腫瘍は見つからなかったので
今の所 腫瘍の転移はなし!!とのことでした
でも、
再発の可能性はあり・・だそうです (悲)
MILK姐さんの場合 放射線治療 抗がん剤は 効果は期待できないそうです
効果より副作用の方が強いと・
これからとしては
定期検診として 血液検査と超音波検査を毎月 CT検査が可能な状態であれば半年に一度受けながら 様子を見ていき 癌に対する治療はしない

もしくは
定期検診をうけつつ、非ステロイド系消炎鎮痛剤を使う(がんに対して腫瘍の増殖抑制効果が認められているそうで 副作用が ほとんどないそうです)





このどちらかが よいのではと言われています
再発の可能性がある以上
何かをしていきたいと思うのですが 
MILK姐さんにとっての一番は ??と考えると
迷います
MILK姐さんは 今年13歳になりました
心臓に 血液の少しの逆流がみられ(僧帽弁閉鎖不全症)ています
今回も 麻酔に耐えられるかと心配しました
勿論
MILK姐さんには長生きしてもらいたい!
でも ビーグルの平均寿命も考えて これから
どうしていくのがMILK姐さんにとっての一番を
考えていきたいと思います





今回の手術跡はかなり大きく
image.jpg





image.jpg
二回に分けて 抜糸をしました(黒い所は前回 破裂したところです)
MILK姐さんの退院は 抜糸を終えてとなったので
二週間とながくなりましたが
傷跡を見ると
大手術だったんだな~って 改めて
MILK姐さん 頑張ってくれたと うるうるしちゃいます





MILK姐さんが入院中のリビングは 
image.jpg
冷たくて




MILK姐さんが退院してくるので
リビングをMILK姐さんモードに
image.jpg





入院中
とっても広く感じたリビングが
急に
狭くなりました
とっても 心地よい広さです




なにより、笑顔の戻ったMILK姐さんがいます
これからも
いろんなことが起きると思います
頑張って乗り越えていこうね!
MILK姐さん!!




皆さんに たくさんの元気をもらいました
ブログのお友達、Twitter,,Instagram,のフォロワーさん
いつもありがとうございます
とっても ここ強かったです
これからも MILK姐さんを 応援してください!!ね!!